TOP | 会社案内 | アクセス | お問い合わせ | HOME

始まりは、お客様が持ち込まれた一枚のアンティーク着物でした

一見してまず、目に飛び込む鮮やかな色彩、大胆かつ魅力溢れる意匠。素晴らしい逸品!…の、はずなのに、よくよく拝見してゆくと各所にひどい色の滲み、破れ、挙げ句には家紋の上にべっとりと子供のお絵かきのような紋様が描き足されている。
見れば見るほど、この着物の惨状に絶句しました。

例え着物に詳しくない一般のお客様であっても、さすがにおかしいと感じるその仕上がり。着物のシミ抜きと柄足しの専門店と謳う某クリーニング店の仕事でした。
お話しを伺いホームページ等拝見してみて、直す側も勿論精一杯頑張った上での仕上がりであろうことは汲み取れました。
しかし、仕上がりのイメージとそれに伴う技術力の低さゆえのこの仕上がり。着物の中でもより繊細なアンティーク着物は、一層慎重に扱わねばならないというのに…。

時期を同じくして当社にも数多くのアンティーク着物の補正依頼が舞い込むようになっていました。
一枚一枚、状態を見極め、お客様のご希望と予算に応じて最適な補正を提案し、作業しています。
骨董品と言っても過言ではないアンティーク着物は、数十年の時を経て退色やシミだけならず、生地も少なからず劣化しています。
極力元々のイメージに沿うよう補正を施しますが、シミ抜きや補正に耐えず破れをきたす恐れのあるものに関しては金加工や柄足し加工を施すことも多々あります。
その際にも、どのような配色、図案にするのか、いかにイメージを崩さず着物に負荷のかからない素材で加工を施すのか。
特に金や柄を足すと元には戻せません。それ故、一枚一枚が真剣勝負です。

アンティーク着物をお好きなお客様からは、補正に対して辛い思いをされた方が少なからずいらっしゃいます。

「クリーニングに出したら破れて返ってきた」
「クレームを言ってもアンティークだからの一点張りで泣き寝入りせざるを得なかった」
「シミ抜きを依頼したらもっとひどい状態になっていた」
「依頼前に、何があっても文句は言わないという誓約書にサインを書かされた」

アンティーク着物に対する理解やノウハウが無い業者は残念ながら数多く存在するようです。
それだけ扱いの難しい着物ではありますが、きちんとした理解と技術があれば、再生は可能です。

それは、実際に数多くのアンティーク着物のお直しを手掛けるようになった今だからこそより確信を持って申し上げられます。

当社ならば、お客様の大切なお着物をご要望に即してお直しさせていただきます。
状態を見極めて、必ずご相談の上とりかかります。

ここ京都で長年染色補正業を営み、あらゆる技術とノウハウを持つ当社だからこそ、自信を持ってご提案できるお直しの方法が数多くあります。

これ以上理解無き加工で被害に遭われる方が無いよう、そしてアンティーク着物補正について皆様にも知っていただくためにも、新しくサイトを立ち上げ発信をしてゆく運びとなりました。

 

 

このページのトップへ

職人紹介

森本景一森本景一
1950年大阪府生まれ。
染色補正師、(有)染色補正森本代表取締役。日本家紋研究会理事。
家業である染色補正森本を継ぎながら、家紋の研究を続け、長らく顧みられなかった彩色紋を復活させる。
テレビやラジオなどの家紋や着物にまつわる番組への出演も多い。
著書に『大宮華紋-彩色家紋集』(フジアート出版)、『女紋』(染色補正森本)、『家紋を探る』(平凡社)があるほか、雑誌や教育番組のテキストなどにも多数寄稿している。
顔写真をクリックでFacebookへ。

甲田さゆり甲田さゆり
仕立師(一級和裁技能士)
1985年岡山県生まれ。
京都精華大学で四年間染織を学んだのち、京都市内の和裁所で六年間の修行を経て独立。国家資格保有者。
布と人との心地よい繋がりを手助けすることをモットーとし、お仕立は勿論のこと、アンティーク着物を含めた様々なお直しやあらゆる着物の相談を請け負う。
毎日着物で暮らし、時にはそのまま海外へも旅に出たり、自由かつ柔軟なアイデアを常に発信している。
ブログ:日々是旅立
顔写真をクリックでFacebookへ。

大宮華紋森本


当サイト全てのコンテンツの画像や文章及び構成には著作権があります。
サイト内の画像や文書及び構成の無断の転載や複製・類似・引用等は堅く禁じております。
(有)染色補正森本はこれらの権利を放棄致しません。
場合によっては著作権法に基づいた法的な対応を取らせて頂く事がございます。
copyright(C) 2000-2016 omiyakamon all rights reserved.